美術アーティストのための人体構造学講座「筋肉と骨」〜ポーズ研究から知る美術解剖学〜

★☆★ 7月22日(土)20時(午後8時) 予約受付スタート ★☆★



医学的な解説ではなく、美術表現に必要な、浅層筋と骨の観察と理解に的を絞った、
「ハイレベルながらも非常にわかりやすい!」と絶賛大好評の美術解剖学講座です。

美術解剖学モデル 海斗 が、自身のカラダと女性モデルのカラダを対比させながら、
ポーズによって見え方が異なる、「ヒトのカタチ」を具体的に解説していきます。

美術解剖学の目的は、拾える情報を増やし、それを作品に反映させる力を養うこと。

初心者は輪郭線を追って、それに陰をつけて「ハイでき上がり!」という絵ですが、
影の付いていない状態の絵を見ると、ほとんど情報が拾えていない場合が多いです。

ただ、「何を拾えば良いのか」は目の前のモデルの凹凸を見てもわかりませんから、
それを「知っているvs知らない」の差は、「拾えるvs拾えない」の差、になります。

つまり「知らないものは見えない」→「見えないものは描けない」ということ、です。
この講座で「何を拾えば良いか」を学んで「作品に反映できる力」を付けましょう!

9月2日(土)-3日(日)「彫塑ワークショップ」の基礎知識としてもご活用ください。



◆日 時: 8月26日() 10:00-17:00 ※途中1時間のランチタイム休憩

◆場 所: 名古屋市東生涯学習センター 美術室
 名古屋市東区葵一丁目3-21
 地下鉄「新栄町」下車 1番出口より北へ徒歩約5分
 名古屋市芸術創造センター 東隣

◆講師: 美術解剖学モデル 海斗 (♂)
   ひとつずつの筋肉を実践的なトレーニングでデザインした自らの体を用いて
   美術解剖学を広めるセッションを日本各地で行っている。
   書店に並ぶ参考書など巷によくあるような、理論先行の美術解剖学ではなく、
   ヒトのカラダの事実に基づいた解説は、高度だが非常にわかりやすいと評判。
   講演は各地の美大や芸大の他、各地の美術家協会など、実績多数。
   ★ブログ:http://artmodel-hiro.com/

◆モデル: シュウ (♀)

◆会 費: 7,000円(学 4,000円)
 ※ 成人の通信制は学割の対象外とさせていただきます。あしからずご容赦ください。

◆定 員: 15名
 ※ご予約は、タイトルを「筋肉と骨」とし、本文にお名前(フルネーム)と区分(一般/学生)を
  明記の上、名古屋ROJUE事務局までメールでお申し込みください。

◆備 考:
※翌日8月27日(日)のannexデッサン会(指導なしデッサン会)も今回の女性モデル・シュウによる
 240分間固定ポーズで行います。本講座で学んだ知識を、実践に活かしましょう!

※名古屋ROJUEは会員制の生涯学習サークルで、初回参加の際に入会届けをご提出いただきます。
 入会金・年会費はナシ。デッサンが上達したい方であればどなたでもご参加いただけます。




★詳細や最新の情報はこちら → 名古屋ROJUEドットコム


.


プロフィール

名古屋ROJUE事務局

Author:名古屋ROJUE事務局
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード